MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ルッソ兄弟は”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”のエンディングについてディズニーからの口出しはなかったと明かす。

f:id:manchester-98-99-rs:20181205195324j:plain

《WARNING》この記事には”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”のネタバレが若干含まれます。

 

 

 

 

 

 

マーベル・シネマティック・ユニバース最初の10年の集大成的映画となった”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”は多くのファンに衝撃を与えました。

 

サノスは全宇宙の人口を半分にする言う残忍な計画を立て、それを実行しました。

彼のスナップによって多くのマーベルヒーロー及び人類が消えてなくなりましたが、ファミリー映画に優しい表現をすることで有名なディズニー傘下にあるマーベル・スタジオからこのようなエンディングを迎える映画が出たことに対して監督を努めたルッソ兄弟はディズニーからは何の関与もなかったと明かしています。

 

ジョー・ルッソ

彼ら(ディズニー)は我々の選択(エンディング)を信じられないほど激励していた。

と明かしています。

 

ディズニー傘下の作品で言えばルーカス・フィルムのスター・ウォーズのスピンオフ作品である”ローグ・ワン”も英雄の死という結末を迎えています。

なので”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”がそれらの唯一の映画ではありません。

 

2019年に公開される”アベンジャーズ4”で”インフィニティ・ウォー”の答えを出すと思われるので、最後は素晴らしい結末を迎えるのでないでしょか?

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)