MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ソーとスターロードは”インフィニティ・ウォー”から成長する。

f:id:manchester-98-99-rs:20181010215137j:plain

《WARNING》この記事には”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”のネタバレが若干含まれます。

 

 

 

 

マーベル・シネマティック・ユニバースの多くのヒーローたちは大きな世界の危機からいくつも救ってきました。

 

しかし彼らも多くの失敗から成長しています。

f:id:manchester-98-99-rs:20181010215108j:plain

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのスターロードはアイアンマン、スパイダーマン、ドクター・ストレンジと手を組み、あと一歩のところまでサノスを追い詰めましたが、ガモーラの死の事実を知ったことで頭に血が登り、暴走したことでサノスからインフィニティ・ガントレットを奪いことができませんでした。

本国アメリカのマーベルファンの間ではスターロードの暴走に批判が集まっているとまで言われています。

 

さらに映画の終盤、ソーがサノスの胸にストーム・ブレイカーを打ち込みましたが、即死には至らず、結果的にサノスのスナップを成功させたことに繋がりました。

 

監督を努めたルッソ・兄弟はこれらの不幸なミスについて

ファンのベースはサノスの胸の中にストーム・ブレイカーを投げることを選んだソーと同じように動揺する可能性があると主張するだろう。

 

(ミスによって)巨大な痛みを感じているキャラクターたちが、ストーリーを通して成長することが出来るため、観客はそれらのキャラクターに感情を覚えることができます。

ストーリーは私たちに物事を教えることが出来、選択をした人物の視点からあらゆる選択肢を見なければならない。

と明かし、キャラクターも物語を通じて成長していくと説明しています。

 

マーベル映画が子供から大人まで多くの世代で共感される理由にはヒーローたちが決して完璧な存在ではないということがヒーローでありながら人間的な要素を含んでいるからもしれません。

 

”アベンジャーズ4”では”インフィニティ・ウォー”でミスをしたソー及びスターロードがどのような成長を見せるか楽しみです。

 

Green Arrow