MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

スカーレット・ウィッチは”アベンジャーズ4”で唯一、悪くなると明かしている。

f:id:manchester-98-99-rs:20180930211639j:plain

”アベンジャーズ4”は”インフィニティ・ウォー”のアンサー映画になると言われており、アベンジャーズとサノスとの最終決戦が描かれると思われます。

 

マーベル・シネマティック・ユニバースの最初の10年の物語に一旦、区切りをつける作品となります。

 

物語が完結すると言われているのでMCUにとって良い結末が推測されますが、エリザベス・オルセンが演じるワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチだけは唯一、悪化すると明かしている模様です。

 

トム・ヒドルストンと一緒に参加したシカゴで行われたACEコミコンで”アベンジャーズ4”について少し語っています。

 

トム・ヒドルストン

”インフィニティ・ウォー”の終わりにやらなければならないことは、一種の犠牲であり、おそらくロキが同様のことをしている。

と明かし、ロキの犠牲は映画に不可欠だったと説明しています。

 

そしてエリザベス・オルセンは自身キャラクターの未来について

”アベンジャーズ4”はワンダ・マキシモフにとっては物事が良くならない。

悪化するつもりです。

と明かし、ワンダにとっては辛い物語になることを示唆しました。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)