MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

ロクサーヌ・ゲイは”ジャスティス・リーグ”を酷評し、”バットガール”に意欲を見せる。

f:id:manchester-98-99-rs:20180322194237j:plain

DCフィルム・ユニバースは先日、ジョス・ウェドンの”バットガール”からの降板を発表しファンを失望させました。

 

マーベルで”アベンジャーズ”などを手がけたウェドンのDC移籍はワーナー・ブラザースにとってもDCフィルム・ユニバースにとっても大きな期待を寄せていただけに、ショックの大きさは計り知れませんでした。

 

これにより現在、”バットガール”プロジェクトは完全に不透明になっており、存続すら危うくなっているとされていますが、NYTの作家であるロクサーヌ・ゲイは以前、この”バットガール”の脚本を書かせてくれるなら良いものを仕上げれるとSNSで発しました。

 

これにDCは反応した模様ですが、その後の展開については現時点では報告がありません。

 

そんな中、ゲイは最近”ジャスティス・リーグ”を観たようでしたが、それはやはり彼女を満足させれる内容ではなかったようです。

 

ロクサーヌ・ゲイ

”ジャスティス・リーグ”をこのように悪くすることは、逆に大変でしょう。

と酷評した。

 

しかし、この”ジャスティス・リーグ”の出来を見て彼女はさらに”バットガール”を書きたいと思ったよです。

 

ロクサーヌ・ゲイ

(私なら)間違いなく”バットガール”を書き込めます。

と明かしている。

 

DC映画を叩くことでDCがゲイを雇う最良の方ほかどうかは分かりませんが、少なくとも彼女は”バットガール”に情熱的だという事だけは伝わりますとBatman Newsは締めくくっている。

 

ソース:Batman news(海外サイト)