MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

アメリカでは”バーズ・オブ・プレイ”が2020年最も期待される映画に選ばれる!

f:id:manchester-98-99-rs:20191001201848j:plain

2019年のDCは静かな出足となりました。

 

DCはDCフィルム・ユニバース映画として2019年は”アクアマン”と”シャザム!”のみとなり更に”シャザム!”も上半期で公開されたので、下半期は静かな展開を迎えています。

 

これはアメコミ映画全体に言える事であり、マーベル・スタジオが展開するマーベル・シネマティック・ユニバースも4月に公開した”アベンジャーズ/エンド・ゲーム”で一旦の区切りを見せ、6月の”スパイダーマン/ファ・フローム・ホーム”で2019年度のリリースを終えています。

*”ジョーカー”はDCFUに属していないので今回の記事では割愛させてもらいました。

 

スポンサードリンク

 

しかしDCは2020年に”ハーレイ・クインの華麗なる覚醒/バーズ・オブ・プレイ”を満を持してリリースすることになっており、”スーサイド・スクワッド”でブレイクしたハーレイ・クインのスピンオフ映画は2020年最も期待された映画として紹介された模様です。

 

IMDbは毎月2億人を超えるサイトの訪問者のページビューデータを測定し、”ハーレイ・クインの華麗なる覚醒/バース・オブ・プレイ”は”ソニック・ザ・ヘッジホッグ”や”トップガン”の続編、007最新作をしのいで期待の映画1位になったようです。

 

ちなみにMCUの最新作”ブラック・ウィドウ”は5位、同じくDCFU作品となる”ワンダーウーマン1984”は7位との結果になっています。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)