MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

THE BATMAN、削除されたシーンではジョーカーが脱走出来る状況を提供していた?

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20220326184517j:plain

THE BATMANは先日、バリー・コーガンが演じているジョーカーのより鮮明なシーンがオンライン上で公開されました。

 

アーカムでバットマンと対峙するジョーカーのシーンは残念ながら削除されましたが、そのシーンではジョーカーがのちにアーカムから脱走出来る状況を与えてしまっているのではないかとの指摘があります。

 

www.marvelvsdc.xyz

 

ジョーカーはまだ詳細が不明ながらもTHE BATMANの続編でメインヴィランとして設定される可能性が高いですが、本編及び削除シーンではジョーカーはすでにアーカムに収容されています。

 

DCのコアなファンは削除シーンでジョーカーがアーカムから脱走できるアイテムを手に入れている可能性があると指摘しています。

削除シーンではバットマンがジョーカーにあるファイルを渡します。

しかしファンはそのファイルには針金タイプのクリップが挟まれていると指摘し、ジョーカーはそれでアーカムから抜けることが出来るのではないかと推測しています。

 

そうなれば続編につながる要素を持っていると思われますが、もしこれが本編で流れた場合、バットマンが重大なミスを犯したことになることから、本編から削除されたかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 

またジョーカーシーンの削除の理由として、バリー・コーガンのジョーカーメイクがあまりに怖いからとの指摘もあり、続編ではもう少しマイルドなビジュアルに変更されるかもしれないとの一部ウワサも浮上しています。

そういった意味でジョーカーの削除シーンを公開したことはオーディエンスの反応を見るためだったかもしれません。

 

 

ソース:The Direct(海外サイト)