MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

”ブラック・ウィドウ”は最終的にR指定を手に入れない模様。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20190213200041j:plain

スカーレット・ヨハンソンのナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウはようやく単独映画を手に入れようとしています。

 

映画はまだ公式な発表がありませんが、監督及び脚本、アートディレクターや撮影監督が続々決定してっています。

 

そして映画はMCU初のR指定を手に入れる可能性が最も高いと言われていましたが、マーベル・スタジオは最終的にR指定を除外したようです。

 

マーベル・スタジオCEOケヴィン・ファイギは最新のインタビューでR指定を持つ予定のマーベル・スタジオ映画の可能性を正式に除外しました。

 

ケヴィン・ファイギ

 (ブラック・ウィドウがR指定であるというウワサを正式に潰すことができるかどうかについて)はい、正しいです。

それ(R指定映画について)は決してあり得なかった。

結局のところ、そのウワサはそれ以上のものではありません。

 

マーベル・スタジオはディズニーがFOXを買収したあとにR指定作品を作るのではないかと言われていました。

すでにディズニーのボブ・イーガーはFOXの人気コンテンツ”デッドプール”をFOXのレイティングのままR指定として今後も制作すると明かしています。

そしてこれを機にマーベル・スタジオはMCUとは別のR指定及びシリアスな映画を集めたフィルムプロジェクトを立ち上げるともウワサされていましたが、ファイギのコメントから推測するとまだその計画はないようです。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)