MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

レイチェル・スカーステンがバットウーマンにキャスティング、”アリス”の役割を担う。

f:id:manchester-98-99-rs:20190210082204j:plain

CWのDCドラマに”バットウーマン”の新たなシリーズが誕生します。

バットウーマンはアローバースに加わる新たなキャラクターです。

 

ドラマはパイロット版が3月にクランクインされると報じられていますが、DeadLineの新たなレポートではレイチェル・スカーステンがパイロット版のメインヴィラン”アリス”としてキャスティングされたと報じています。

f:id:manchester-98-99-rs:20190210082429j:plain

バットウーマンにバットマンにおける”ジョーカー”的役割を据えるのであれば、ルイス・キャロルに触発されたワンダーランドギャングのリーダーである”アリス”がその位置づけとなるだろうと報じられています。

 

 

コミックでは”アリス”はバットウーマンことケイト・ケインの死んだと思われる双子の姉妹、エリザベス・ケインとなっています。

 

 

アリスがバットウーマンでのジョーカーとしての役割を担うのであれば、シリーズを通しての需要なキャラクターとなる可能性は高いと思われ、単発のヴィランではなく、物語に絡んでくるピースの一つとなるだろうと推測されます。

 

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)