MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

チャーリー・コックスと好きな”デアデビル”コミックを明かす。

f:id:manchester-98-99-rs:20180714070826j:plain

NetFlixマーベルドラマは重厚なストーリーで描かれ、多くのファンから支持されています。

その中でも先陣を切ったチャーリー・コックス主演の”デアデビル”は評価が高い作品となっています。

 

マーベル・シネマティック・ユニバースに組み込まれいるNetFlixマーベルドラマはまだ映画との融合は実現されてませんが、”デアデビル”で主人公を演じているチャーリー・コックスはキャラクターのより大人向けに描くことに専念するだけでなく、マット・マードック(デアデビル)を生き延びさせるのに役立つ無数の象徴的なシリーズを目指すと語っています。

 

そしてコックスはデアデビルのコミックの”ガーディアン・デビル”について言及しています。

 

チャーリー・コックス

”デアデビル”ではブライアン。マイケル・ベンディスとアレックス・マレフのものは、このショーになるとトーンに打ち勝つのが最も難しいと思う。

私が使ったもので大変楽しかったのは数多くありましたが、しばしばエド・ブルッカーとマイケル・ラークのものに戻ってきました。

私はそれが本当に楽しいと思っています。

それは明らかにコミックの”ガーディアン・デビル”に言及しています。

 

コックスはシーズンの撮影に入る前の準備として自身が好きなデアデビルのコミックを読み返すようであり、それがベンディス&マレフのものになる傾向があると明かしています。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)