MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

AT&Tとの合併が失敗した場合、タイム・ワーナーはワーナー・ブラザーズとDCcomicsを売却する可能性がある模様。

f:id:manchester-98-99-rs:20180228204343j:plain

ワーナー・ブラザースとDCフィルムズはずっと良くないニュースが続いており、ジョス・ウェドンの”バットガール”降板は大きな衝撃を与えています。

 

Wrapはワーナー・ブラザースとDCフィルムズの現状を伝えており、現時点では不透明になった”バットガール”とクリス・マッケイの”ナイトウィング”は優先順位が低く、ジャスティス・リーグのメンバー(バットマン、ワンダーウーマン、アクアマン、フラッシュ、サイボーグ)などについての映画製作に専念したいと考えていると報じました。

 

しかし、レポートの最後にDCファンにとっては興味深いレポートがあります。

ワーナー・ブラザースとDCcomicsの親会社であるタイム・ワーナーとAT&Tの合併が失敗した場合、ワーナー・ブラザースとDCcomicsを別々に売却することを検討する可能性があると伝えています。

 

現在、AT&Tとタイム・ワーナーは交渉中でありますが、これに対して政府はこの取引をブロックしようとしています。

合併が失敗した場合、タイム・ワーナーはワーナー・ブラザース・HBO、Turnerのように分割され、DCcomicsの運命は空中に浮かぶとWrapは伝えています。

 

なので、合併が成立しなかった場合、DC映画のその後は完全に不透明になるかもしれません。

 

ソース:Batman News(海外サイト)

 

ワーナーから離れたほうが良かったりして・・・??

次の親会社によるけど・・