MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

ジェフリー・ディーン・モーガンは将来的なDCEUへの帰還について前向きな模様。

f:id:manchester-98-99-rs:20200726073235j:plain

DCエクステンデッド・ユニバースはマイケル・キートンのバットマンを登場させ、大きなユニバースを展開するという壮大な計画があると言われています。

 

しかし、マイケル・キートンの出演の報道の前に上がっていたウワサでは”バットマンvsスーパーマン”でブルース・ウェインの父親であるトーマス・ウェインを演じていたジェフリー・ディーン・モーガンがエズラ・ミラーのフラッシュ映画でのフラッシュポイントイベントによってトーマス・ウェインがバットマンとして活動しているバージョンを描く可能性が報じられていました。

 

スポンサードリンク

 

ジェフリー・ディーン・モーガンは最新のインタビューでトーマス・ウェインのDCEU帰還について語っており、彼は前向きな姿勢を示しています。

 

ジェフリー・ディーン・モーガン

マイケル・キートンの出演の話が出てきて、私の報道が薄らいだ。

とジョーク混じりに語り始めまたモーガンは続けて。

 

ジェフリー・ディーン・モーガン

まぁ、それ(トーマス・ウェインに復帰について)はとてもクールだと思う。

その世界の私の一種のかけらが彼(ザック・スナイダー)と共に去っていきました。

ただ、話は常に行われています。

それで、わかります。

と語り、将来的にトーマス・ウェインとしてDCEUに戻る可能性を少し示唆しています。

 

ここで興味深いのは今でも話をしているという点でしょう。

ワーナー・ブラザースはDCエクステンデッド・ユニバースで大規模なクライシスイベントを展開しようとしていると言われているので、DCのあらゆる映画の世界が1つの物語として潜在的に繋がっていく可能性があります。

 

マイケル・キートンのバットマン登場が最優先事項であるように見えますが、トーマス・ウェインのバットマンが別のアースで存在している可能性もゼロではないかもしれません。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)