MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ガル・ガドットはロック様のブラック・アダムとのクロスオーバーについて含みを持たす。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20201221211431j:plain

日本で先週にリリースされた”ワンダーウーマン1984”はコロナウイルスの影響の中で2020年に公開された2つのアメコミ映画のうちの一つです。

 

ワンダーウーマン1984ではDCエクステンデッド・ユニバース作品ではありますが、オープニングでのDCロゴアンセムなどが排除されており、ユニバースは個々のフランチャイズを重要視しているように感じますが、ガル・ガドットは未来のワンダーウーマンについて少し含みを持たせています。

 

Netflix映画”Red Notice"でロック様ことドウェイン・ジョンソンと共演するガル・ガドットは同じくDC映画”ブラック・アダム”で主演を務めるジョンソンとのクロスオーバーについて答えています。

 

ガル・ガドット

ジョンソンとは”ワイルド・スピード”で共演しました。

それはとても素晴らしかったです。

(クロスオーバーについて)私が来て雷を盗もうとは思わない。

それはロックです、彼の雷を盗もことは出来ません。

しかし、多分いつかの未来について・・誰かが知っています。

と少し意味深な表現をしています。

 

今後、ワンダーウーマンとブラック・アダムのクロスオーバーの可能性が少し秘めているかもしれません。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)