MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

スナイダー版”ジャスティス・リーグ”にはダークサイドがやはり存在していた模様。

f:id:manchester-98-99-rs:20190410222902j:plain

DCフィルム・ユニバースは”バットマンvスーパーマン/ジャスティスの誕生”以降の数作品ではファンの期待に応えることが出来ませんでした。

 

しかし、現在のDCFUはワンダーウーマンとアクアマン、そして日本での公開を控えているシャザム!も本国アメリカでは好評価を受けており、DCフィルム・ユニバースは息を吹き替えしてきていると言えます。

 

DCFUで最も期待された”ジャスティス・リーグ”は監督の交代やワーナー・ブラザースの意向などが重なって、アッセンブル映画である”ジャスティス・リーグ”はDCFU作品の中で一番、成績が振るわなかった作品となってしまいましたが、それは身内の不幸で完成間近で降板してしまったザック・スナイダーの思い描く”ジャスティス・リーグ”ではなかったかもしれません。

 

インスタグラムユーザー”arkhambat”のレポートではザック・スナイダー版の”ジャスティス・リーグ”ではダークサイドの存在が確かにあったようであり、レイ・ポーターがダークサイド役にキャストされていたと伝えています。

f:id:manchester-98-99-rs:20190410222959j:plain

しかし”ジャスティス・リーグ”でのダークサイドは紹介程度だったかもしれませんが、今後の展開ではポーターがダークサイドとしてジャスティス・リーグに立ちはだかることになっていたのかもしれません。

 

ソース:arkhambat(インスタグラム)