MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ペイトン・リードはまだ”ファンタスティック・フォー”映画を求めている。

f:id:manchester-98-99-rs:20180707080628p:plain

”アントマン”シリーズを手がけ、現在”アントマン/アンド・ザ・ワスプ”が本国アメリカで公開中(日本では8月31日公開)も手がけたペイトン・リードはマーベル・コミックスで最初のヒーローチームの映画をMCUへ持ち込むことをまだ求めています。

 

以前にリードは”ファンタスティック・フォー”映画に関するアイデアがあると明かしていました。

映画の版権がFOXからマーベル・スタジオへ戻ることが出来たならMCUに彼らを合流させたいと考えていましたが、その情熱はまだ冷めていないようです。

 

ペイトン・リード

まぁ、”ファンタスティック・フォー”を マーベル・シネマティック・ユニバースの一部として観たいと思っていることは間違いありません。

(一人の)ファンとして私はそれ(ファンタスティック・フォー映画)を観たいと思っています。

と明かし、FOXのマーベル版権が戻ってくればMCUにファンタスティック・フォーを連れていきたいとの考えを述べました。

 

現在、マーベル・スタジオはウォルト・ディズニーの傘下におり、そのディズニーは21世紀FOXの買収を計画していますが、Comcastの参戦により買収が確実ではありません。

買収が成功するとマーベル・スタジオは”ファンタスティック・フォー”と”X-MEN”のキャラクターを戻すことができるので、MCUにファンタスティック・フォーを合流させることが可能になります。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)