MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

DCFUの”フラッシュ”が新しいプロデューサーを獲得する。

f:id:manchester-98-99-rs:20190302085217j:plain

DCフィルム・ユニバースの”フラッシュ”映画は大幅な遅れを取っていますが、プロジェクトは着実に進行しているようです。

 

主演のエズラ・ミラーは”フラッシュ”映画について先日、制作は遅れてるがプロジェクトは進行しており制作が始まれば”フラッシュ”と同じようにスムーズに進むと明かしてくれていましたが、確かにプロジェクトは進んでいるようです。

 

マイケル・ディスコは自身の会社の立ち上げのためにNew Lineを去りましたが、彼の最初の仕事は”フラッシュ”映画のプロデューサーになるようです。

 

ディスコは”フラッシュ”と同時進行で別のプロジェクトのエグゼクティブ・プロデューサーも務めるとされています。

 

 

ワーナー・ブラザースのとビー・エメリッヒはマイケル・ディスコについて

マイケルは19年前にNew Lineで仕事を始めました。

彼は常に開発とプロダクションの両方に熱心で信じられないほど才能があります。

なので(フラッシュ映画の)プロデュースすることを選ぶのは理にかなっています。

彼がここにいて、彼の映画が私たちのスタジオで制作されることを誇りに思っていますし、彼は最愛で信頼できる同僚です。

と明かしてくれています。

 

”フラッシュ”映画はエズラ・ミラーが出演している”ファンタスティック・ビースト3”の制作の遅れの影響を受け、制作が遅延しています。

しかし、それ以外のプロジェクトについては水面下で進行しているようです。

 

ソース:Batman News(海外サイト)