MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

作品のトーンを巡って、エズラ・ミラーと監督が衝突との報道・・最悪の場合ミラーは降板も視野に入れている模様・・

f:id:manchester-98-99-rs:20190316222928j:plain

DCフィルム・ユニバースのスピードスター映画”フラッシュ”は順調にプロジェクトを進めることになったと思っていましたが、ここに来て新たな火種が浮上しているようです。

 

Hollywood Reporterの新たなレポートによるとエズラ・ミラーはコミック作家グラント・モリソンと共に新たなフラッシュ映画の脚本を書いている模様であり、その色調が現在ジョン・フランシス・デイリー&ジョナサン・ゴールドスタインが執筆している色調と合わない模様であり対立していると報じています。

 

エズラ・ミラーとモリソンが執筆している脚本はDCコミックスらしいダークな色調になっているようであり、デイリーとジョナサンが執筆している脚本はDCFUの現在の成功例をから見習って明るさを引き出していると言われています。

 

エズラ・ミラーは自身の脚本をワーナー・ブラザースが却下した場合、最悪バリー・アレン/フラッシュの役割を終える可能性があると示唆しています。

 

ワーナー・ブラザースが最終的にどのような決断を下すのか・・?

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)

 

ミラーの脚本を選んだら・・きっと監督は降板するだろうし・・

監督の脚本を選んだらミラーが去ってします・・

 

どっちにしても最悪の展開が待っている・・・