MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

デイブ・バティスタはジェームズ・ガンが監督じゃなかったらVol.3には参加していなかったかもしれない。

f:id:manchester-98-99-rs:20190403214414j:plain

マーベル・スタジオ最大の問題だった”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/Vol.3”はジェームズ・ガンの復帰という形で事態の終結を迎えようとしています。

 

ジェームズ・ガンが最初にデイズにー及びマーベル・スタジオから解雇された時、最も声を上げてガンを擁護したのはドラックスを演じているデイブ・バティスタでした。

 

バティスタはマーベル・スタジオとの契約がまだ残っているにも関わらず、ガンが指揮を取らないのであれば映画には出ないとまで言い、彼を守ろうとしました。

 

Cinema Conでのインタビューでバティスタは

私は契約的に義務付けられていますが、マーベルとディズニーは私の立場に立って”ジェームズなしでこれはやりたくない”と言いました。

私はそれを家に持ち帰りたいと思いました。

これらの人たちは私にとって家族のようなものであり、私はVol.3に関わりたいと思っています。

脚本は素晴らしいのでジェームズの脚本を使いたかった。

ジェームズなしで(映画を)前進することは私にとって個人的な問題でした。

と明かし、ジェームズなしでは最悪、出演辞退も視野に入れていたことを示唆しています。

 

最終的にジェームズ・ガンは映画に復帰したので、バティスタの問題は終息していくことになるかもしれません。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)