MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

通常営業直前先行更新、《ヒーロー紹介シリーズ Vol.3 ”バットマン”》

f:id:manchester-98-99-rs:20160403170920j:plain

新年明けましておめでとうございます。

”MARVEL vs DC”も気がつけば2019年3月で3年目を迎えることになりました。

これもすべて訪問して下さる皆さんのおかげです。

2019年もアメコミ映画&ドラマの情報及びウワサと妄想を交えてコソコソ紹介していきますのでよろしくお願いします。

昨年末に告知した通り、1月7日より1日3記事ペースの公開として通常営業しますが(一部、速報で2つほど紹介してしまいあしたがww)先行として挨拶代わりではありますが、久々の《ヒーロー紹介シリーズ》を更新します。

 

3回目を迎えました”ヒーロー紹介”シリーズ。

今回はDCコミックスの誇るスーパーヒーローの1人”バットマン”です。

 

バットマンとは・・

少年時代に観劇の帰りの通りで強盗によって、両親が射殺された事で犯罪撲滅を誓う。14才から格闘技と法科学のスキル習得の為世界各地で様々な修行を積んだ。その旅の中で出会ったネイティブ・アメリカンのシャーマンからは、蝙蝠(コウモリ)に準えられる。
ゴッサム・シティに帰った後、丸腰でチンピラ達を路上で殴り倒すも、「相手が同じただの人間」に過ぎなかった為か、これっぽっちも怖がられずに終 わってしまい、犯罪者達に恐怖心を与えるには「恐怖の象徴」が必要であると考えたブルースは、かつて準えられた「蝙蝠 (コウモリ) 」を象徴とした超人 的存在「バットマン」というアイデンティティを作り、活動を始める。これがバットマン誕生の経緯である。

引用元wikipedia

 

主人公はブルース・ウェイン

”グリーン・アロー”同様スーパーヒーローではあるが、特殊能力などは特になく

生身の人間である。

 

欲望と犯罪で腐敗した街、”ゴッサム・シティ”を平和な街に変えるため

夜な夜な”バットマン”として悪を討つ”クライム・ファイター”です。

 

クリストファー・ノーラン監督の手がけた”ダークナイト”3部作は

私個人的には完璧に近い出来だったので、興味ある方はぜひ観てみてください。

*ただ”DCフィルム・ユニバース”とは違いますので

”バットマンvsスーパーマン”の世界には絡みませんので要注意です。

(DCフィルム・ユニバース用のバットマンはベン・アフレック

版バットマンにて再びリブートされます)

 

”バットマン”は DCの良さが集約されたヒーローかもしれません。

 

Green Arrow