MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

エリザベス・オルセンはルッソ兄弟とジョス・ウェドンの違いを語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20180327200727j:plain

ジョス・ウェドンの指揮の下、マーベル・シネマティック・ユニバースデビューしたエリザベス・オルセンは”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”でも重要なキャラクターの一人です。

 

彼女はジョス・ウェドンの”アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン”でワンダ・マキシモフ=スカーレット・ウィッチでMCUに初登場し、”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ”でルッソ兄弟と仕事をしました。

 

2人の監督と仕事をしたオルセンはウェドン・とルッソ兄弟との違いについて語ってくれた。

 

エリザベス・オルセン

 最大の違いはジョスがすべてを書いたことです。

彼がそれらを書く時、彼はキャビンのようにすべてのキャラクターを演奏し、できるだけ多くの戦いのシーンを行い、それを書いています。

主な違いはルッソ兄弟は(ストーリー)を委託し、彼らは自分が委任したことをすべて信じていると言うことです。

ジョスの場合は、言っていませんでしたがそれを監督になるという大きなプレッシャーです。

 

オルセンの経験から基づいてウェドンはそれぞれのキャラクターをどのようにして対話し、どのようにアクションシーンを演出したかったについて、より多くのコントロールをしていたようです。

 

一方、ルッソ兄弟は監督が俳優たちが特定の場面でより多くの情報を与え、キャラクターをよりコントロールしているようである。

 

ソース:Cinema Blend(海外サイト)