MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ヘンリー・カヴィルは”ジャスティス・リーグ”のスナイダー・カットがあったとしても対して変わらないと明かす。

f:id:manchester-98-99-rs:20180723195322j:plain

DCフィルム・ユニバースのアッセンブル映画となった”ジャスティス・リーグ”はファンを納得させる内容ではなく、興収的に不振に終わりました。

 

映画にはいくつかの不運もありましたが、最大の要因は最終的にザック・スナイダーのカラーをジョス・ウェドンとワーナー・ブラザースによって大きく変えられたことが言えます。

 

多くのファンはザック・スナイダー版の”ジャスティス・リーグ”のリリースを求めていますが、DCFUのスーパーマンを演じているヘンリー・カヴィルはそのファンの声に対して自身の見解を明かし、映画のスナイダー・カットが最終的な影響を与えたとは考えていないと答えています。

 

ヘンリー・カヴィル

スナイダー・カットが実際に存在しているかどうかはわからないので、私が観ることができる唯一の方法はビジネスモデルであり、どのような違いが生じるのかは分かりませんが、多少の調整があったとしても、それは何の違いも生じない。

と明かし、スナイダー・カットとウェドンとワーナー・ブラザースのバージョンでは大きな差はなかったとの見解を示しました。

 

映画の不振はもっと根本的なところにあったようです。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)