MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ザック・スナイダーは”ジャスティス・リーグ”のロイス・レーンカットシーンを明らかにする。

f:id:manchester-98-99-rs:20181207205927j:plain

DCフィルム・ユニバースのアッセンブル映画、”ジャスティス・リーグ”は間違いなくザック・スナイダー主導で制作されていました。

 

しかし、スナイダーは身内の不幸によりプロジェクトを離れました。

ジョス・ウェドンが引き継いだ”ジャスティス・リーグ”は多くのファンの心を掴むまでは行かず、映画は不振に終わりました。

 

多くのDCファンはザック・スナイダー版の”ジャスティス・リーグ”の公開を望んでいますが、現時点では”スナイダーカット”と呼ばれるザック・スナイダー版”ジャスティス・リーグ”のリリース予定はありません。

 

ただ、ザック・スナイダーはVeroに”ジャスティス・リーグ”の新しいストーリーボードを公開し、そこにはエイミー・アダムス演じるロイス・レーンのカットシーンが確認できます。

 

実際の映画ではロイス・レーンはクラークの死を悲しんでおり、ベッドで目を覚ますシーンがありましたが、映画ではその後にスーパーマンのメモリアルのシーンに移行しています、しかし公開されたストーリーボードではベッドから目覚めるシーンからメモリアルのシーンの間にシーケンスがあったようです。

f:id:manchester-98-99-rs:20181207205857p:plain

カットされたシーンではロイス・レーンが喫茶店でコーヒーを飲み、雨の中を歩いて記念碑に向かっています。

 

カットされてしまいましたが、このシーンでさらにロイス・レーンの悲しみが深いことがわかります。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)