MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

”ジャスティス・リーグ”スナイダーVer.のレーティングが決定。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20210118192637j:plain

”ジャスティス・リーグ”のスナイダーカット版は正式にR指定に認定されたようです。

 

ザック・スナイダーは”ジャスティス・リーグ”のスナイダーカット版について以前、R指定になるのではないかと予測してましたが、今回正式映画はR指定のレーティングを受けたようです。

 

”ジャスティス・リーグ”のスナイダーカット版がR指定に認定された理由について報道では《暴力と一部の言語》が理由であると伝えられています。

 

ただComic Book@DCはザック・スナイダーの”ジャスティス・リーグ”は数本に分けられたシリーズではなく映画となりますがHBOmsxでの配信になるのでレーティング判定は視聴者に大きな影響を与えないと報じています。

 

しかし、ストリーミングサービスは多くの年代層が視聴可能になるので、劇場よりさらに鑑賞には気をつける必要があるように思えます。

 

ちなみにザック・スナイダーはDC映画でR指定判定されたのが今回が初めてではなく、通常劇場版ではRG-13でしたが”バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生(アルティメット・エディション)”でR指定の判定を受けています。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)