MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ザック・スナイダーのオリジナル”ジャスティス・リーグ”には別のポスト・クレジットシーンが存在していた模様。

f:id:manchester-98-99-rs:20190325210816j:plain

多くのDCファンはDCヒーローのアッセンブル映画である”ジャスティス・リーグ”に大きな期待を寄せていました。

 

しかしそれは脆くも崩れ去り、失望したことでしょう。

 

DCファンは未だにザック・スナイダーのオリジナルカットの”ジャスティス・リーグ”を求めていますが、ザック・スナイダーは最終的に映画から切り取られたポスト・クレジットシーンについて明かしています。

そしてそこにはダークサイドとジャスティス・リーグの戦いがまだ終わっていないことを明らかにしているようです。

 

どうやら”バットマンvスーパーマン/ジャスティスの誕生”でのブルースの夢のシーンのフラッシュの言葉『ロイスが鍵だ』が関係あるとされ、その言葉は”ジャスティス・リーグ”でスーパーマンが復活した際に暴れた時の切り札としてのロイスが鍵になる・・・ではないようです。

 

スーパーマンにとってロイスはかけがえのない存在であり彼女を失いとスーパーマンがアンチ・ライフ・エクエージョン(反生命方程式)に屈するだろうと考えたダークサイドがロイスを殺そうと企むと説明しています。

BvSでフラッシュの助言を聞いたブルースがロイスを守ることになるとのストーリーの計画があったようです。

 

このプランはDCファンを熱狂させてくれたが、残念なことにスナイダーが”ジャスティス・リーグ”の続編についての言及はありませんでした。

 

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)