MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

WBの最初のサイボーグ役の選択肢はドレイクだった??

スポンサードリンク

ジャスティス・リーグ劇場公開版は多くのファンの支持を得ることが出来ず、その後のDCEUに大きな影響を与えました。

 

そしてワーナー・メディアとディスカバリーの合併により、またDCエクステンデッド・ユニバースは大きな転機を迎えるかもしれません。

 

スポンサードリンク  

 

エズラ・ミラー主演のフラッシュでマルチバースを導入し、DCEUをソフトリブートする計画は以前より多くのファンの議論の的になっています。

 

ジャスティス・リーグはザック・スナイダー版では劇場公開版と大きく異なり、最も違った点は映画はレイ・フィッシャー演じるサイボーグに焦点を当てていることです。

今ではワーナー・ブラザースVSレイ・フィッシャーの図式が成り立ち、フィッシャーはもうサイボーグの役割を演じる可能性が低いとされています。

 

そんな中、クリーチャーデザイナーのインスタグラムでサイボーグの初期コンセプトアートが共有され、それはグラミー受賞歴のあるドレイクがデザインされいます。

 

デザイナーによるとワーナー・ブラザースはジャスティス・リーグの開発中ではドレイクをサイボーグ役に起用したかったようだと明かしており、

起こらなかったシリーズのサイボーグのコンセプト。

彼(ワーナー・ブラザース)はある時点でドレイクをキャストしたかった。

と明かしています。

 

ソース:The Direct(海外サイト)