MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ジャレッド・レトはジャスティス・リーグスナイダーカットでジョーカーとして戻ってきたことについて振り返る。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20220330222825j:plain

ジャスティス・リーグ劇場公開版は多くのDCファンを失望させ、途中で離脱したザック・スナイダーが本当に描きたかったジャスティス・リーグの公開を望みました。

 

多くのファンの要望が届き、ジャスティス・リーグはスナイダー・カット版としてリリースされました。

 

スポンサードリンク  

 

 

スナイダーカット版は多くのDCファンの支持を得ており、ジャレッド・レトのジョーカーの復帰も大いに喜ばせました。

 

ジャレッド・レトはスナイダーカットでジョーカーとして復帰したことを振り返り、”素晴らしいことだった”と明かしています。

 

ジャレッド・レト

素晴らしかった。

ザックと一緒に仕事をするのは素晴らしいことです。

私は彼が大好きです。

私はこの機会(ジョーカーのリターン)が本当に気に入りました。

それは特別でとても楽しかった。

DCの一部であり、現在はマーベル(モービウス)の一部であることはユニークなことです。

 

レトのジョーカーは2017年当初のジャスティス・リーグでは登場が計画されていたわけではありませんでしたが、ザック・スナイダーはこれ(スナイダーカット)が最後のDC映画になると予感していたので出来る事を全てやろうとジャレッド・レトのジョーカーの登場を企画したようです。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト