MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

”ジャスティス・リーグ”コンセプトアートはレックス・ルーサーの刑務所でのカットシーンを明らかにする。

f:id:manchester-98-99-rs:20180304214501j:plain

”ジャスティス・リーグ”は多くのザック・スナイダーが描いたシーンをカットしていたことは周知の事実として知れ渡っています。

 

今回ロバート・マッキノンが新たに発見したコンセプトアートではジェシー・アイゼンバーグが演じるレックス・ルーサーの刑務所でのシーンはもっとあった事を示すものとなっている。

f:id:manchester-98-99-rs:20180304214517j:plain

家族の不幸により映画を離れたスナイダーの後を引き継いだジョス・ウェドンは映画をもっと明るくすることとスナイダーのカットを大幅に削除しました。

これにより当初のウワサではレックス・ルーサーのシーンは完全に削除されていたと言われていましたが、最終的にはルーサーはポストクレジットシーンで登場し、デスストロークと共に”インジャスティス”の結成を示唆しています。

 

映画では刑務所ではすでにルーサーの替え玉となっており、ルーサーの刑務所での姿はありませんでしたが、コンセプトアートではルーサーが刑務所で何かを企む姿が確認できます。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)