MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

マン・オブ・スティール2はもはや風前の灯火の模様。

f:id:manchester-98-99-rs:20190603195510j:plain

ワーナー・ブラザースが”スーパーガール”映画のプロジェクトを始動しようとしていることは=クラーク・ケントの物語が終わりを迎えているようにも見えます。

 

”マン・オブ・スティール2”の映画プロジェクトについては多くのウワサが流れていましたが最新の情報では続編プロジェクトは出発地点に戻ったと報じています。

 

そして最新の情報では監督としてウワサが挙がっていたクリストファー・マッカリーが映画の続編を引き継ぐように依頼されたことは一度もなかったことを明らかにしています。

 

また、もう一人監督候補としてウワサされていたマシュー・ヴォーンについても既に話し合いは終わっていると報じられています。

 

マッカリーはマシュー・ヴォーンがもはや”マン・オブ・スティール2”についての話し合いを行っていないとのツイートに返信しており、

彼ら(ワーナー・ブラザース)は(続編について)尋ねてこなかった。

と答え、ワーナー・ブラザースからのオファーすらなかったことを明かしています。

 

これにより、マシュー・ヴォーンもそしてクリストファー・マッカリーもその候補から外れたことになり、スーパーマン映画のプロジェクトは大きく後退することになりそうです・・・・いや、もしかしたら消滅するかもしれません。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)