MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

M・ナイト・シャマランはマーベル及びDCの映画をやらない理由を語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20190116203517j:plain

M・ナイト・シャマランは空前のスーパーヒーロー映画がハリウッドを席巻する以前に、そのジャンルの映画を作っていた監督です。

 

2000年公開のアンブレイカブルで初めてスーパーヒーローの世界の映画を手がけました。

 

そしてその後2008年にマーベル・スタジオはスタートさせたマーベル・シネマティック・ユニバースでスーパーヒーロー映画のユニバースプロジェクトはハリウッドで確固たる地位を手に入れようとしています。

 

当然、それまでにスーパーヒーロー映画を手がけていたシャマランにもマーベルやDCのプロジェクトに加わる可能性が大いにあったと思われますが、彼はそのすべてのプロジェクトについて断っていたようです。

 

その理由についてM・ナイト・シャマランは明かしてくれています。

 

M・ナイト・シャマラン

私は強い映画製作に対するアクセントを持っています。

(自分の考えがマーベルまたはDCに適しているかどうかについて)それらの映画(マーベルとDCのスーパーヒーロー映画)はそれのための場所ですか?それともそれはそれにふさわしいですか?

それは彼ら自身の風味を持っているので、彼らはそこに他のタバスコを望みますか?

私はアクセントの強い映画監督です、だから私はそれらをやりません。

と説明しています。

 

シャマランは哲学的に説明しましたが、要約するとマーベルやDCのスーパーヒーローたちはコミックの原作によってある程度のキャラクター像をすでに持っているので、新たな個性を加えることが出来なければ、映画製作をやるつもりはないと説明しているようです。

 

ソース:Comic Book@Marvel/DC (海外サイト)