MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

アメリカのファストフード界では現在、マーベルvsDC論争が巻き起こっている模様。

f:id:manchester-98-99-rs:20190211080647j:plain

アメコミ実写映画はこれまでマーベルが常に先頭を走ってきていました。

 

マーベル・スタジオのマーベル・シネマティック・ユニバースを筆頭に現時点ではまだグループには加わっていませんが(2月11日時点)FOXマーベルのX-MENやデッドプールシリーズも多くのファンを満足させています。

 

一方、最大のライバルであるDCコミックスの映画部門、DCフィルムズは満を持してDCフィルム・ユニバースを開始しましたが、それはとても低調なスタートとなりました。

しかし、”ワンダーウーマン”の成功と現在大ヒット中の”アクアマン”の成功はDC映画が再び浮上するきっかけになると思われています。

 

そして今、アメリカのファストフード界では”マーベル×DC論争”が巻き起こっているようです。

 

先日、ハンバーガーのチェーン店である”ウェンディーズ”がツイッターで『マーベルが優れたコミックハウスである』と主張して騒動が始まりました。

そしてその論争にアメリカのピザチェーン店であるスバロも参戦しており、ファンからの質問に答えています。

 

@Sbarro様、DCユニバースとマーベルユニバースのどちらが好きですか?

との質問に

 

Sbarro

これは難しいものですが、勝者は・・・・・です。

と答え、マーベルのロゴのGIFを添付しています。

 

これによりウェンディーズとスバロはどちらもマーベル派だと主張しています。

 

これらの反応を受けて、DCコミックスは共同出版社であるジム・リーとダン・ディディオはウェンディーズの最も有名なライバルであるマクドナルドとバーガーキングのSNSプラットフォームでイメージを共有しています。

www.instagram.com

マクドナルドとバーガーキングが今後この論争に加わるかは分かりませんが、このイメージを共有したということはこの2社に関してはDC派であると思われます。

 

お世辞抜きにマーベル映画は常にDC映画の前を走ってきていました。

しかし”アクアマン”がアメリカ本土及び世界中でも評価を得ていることで少し、マーベルの背中が見えてきたからこそ、生まれた論争なのかもしれません。

 

 ソース:Comic Book@Marvel/DC