MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

デンゼル・ワシントンはスーパーヒーロー映画にオープンな姿勢を示す。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20180818211158j:plain

今やスーパーヒーロー映画はハリウッドでその地位を確立しました。

マーベルを筆頭にDCも映画のユニバースを展開し多くのファンを魅了しています。

 

そして最近では大物ハリウッドスターであるデンゼル・ワシントンもスーパーヒーロー映画についてはオープンな姿勢を表しているようです。

 

最新作”イコライザー2”に出演しているデンゼル・ワシントンは最近のインタビューで『マーベルかDCフィルムズなどのジャンルに入りますか?』との質問に対して

 

デンゼル・ワシントン

私は近づいていませんが、 決して言わないでください。

と答えた。

 

まだ実際には話は来ていない模様ですが、デンゼル・ワシントンは最近、マーベルの”ブラックパンサー”を鑑賞したようであり、ブラックパンサーの監督を努めたライアン・クーグラーと頻繁に話をしているようです。

 

この会話が”ブラックパンサー”の続編の出演に繋がるかは不明ですが、ブラックパンサーは劇中多くの黒人俳優で制作され、現代社会の問題も鋭く描き、スーパーヒーロー映画でありながら多くのファンの支持を得ました。

 

デンゼル・ワシントンもこの事に触発されたかは分かりませんが、スーパーヒーロー映画に対する考え方が変わってきているのかもしれません。

 

ソース:Comic Book@Marvel