MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

ケヴィン・ファイギはエンドクレジットシーンの本当のボーナスを説明する。

f:id:manchester-98-99-rs:20181101200303j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバースは”アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”で過去最大級の興行収入を得ました。

 

MCUの総指揮を担当しているマーベル・スタジオCEOケヴィン・ファイギは世界中のエンターテイメントへの貢献として2018年のブリタニア賞での貢献で表彰されました。

 

ファイギはそのスピーチでMCUで人気のあるポストクレジットシーンについて彼自身が各映画の終わりにこれらのタグを誇りに思う本当の理由を明らかにしています。

 

ケヴィン・ファイギ

映画は人を集めていますが、人々は一緒に舞台裏で人々を結びつけています。

マーベル・スタジオでは当初からすべての映画にエンドクレジットシーンを入れていましたが、ファンはそれを愛しています。

しかし、本当のボーナスは観客がそこに座って、この映画を生き生きとさせるために熱心に働く数十万人の人々の名前をすべて見ているということです。

今日は人々にインスピレーションを与えてくれることを願っています。

と明かし、エンドクレジットで流れるクルーに対する敬意を示しました。

 

ファンはポストクレジットシーンのためとは言え、MCU映画のすべてのエンドクレジットを見ています。

ケヴィン・ファイギは映画を制作するすべてのスタッフに対しての労いをポストクレジットシーンの存在で表しているようです。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト) 

 

そんな意味があったのね!