MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

将来的にDisney+はマーベル・スタジオの計画の大部分を占める。

f:id:manchester-98-99-rs:20181220203645j:plain

ディズニーは満を持して2019年よりストリーミングサービス業界に参入してきます。

 

これはNetFlixやHulu、Amazonプライムなどにとっては脅威になることは避けられないと思われますが、ディズニー傘下に存在しているマーベル・スタジオはストリーミングサービスプラットフォームが将来の大きな部分を占めているかに関して、実際に計画があると明かしているようです。

 

マーベル・スタジオCEOケヴィン・ファイギ

これ(Disney+)はまた別の刺激的な道であり、私たちが持っているキャラクターの数と私たちが話すことが出来るストーリーの量に戻ります。

と明かし、ディズニーの大規模な映画リリースの影響でスタジオが1年でリリース出来る映画の数が3本に限られているのでDisney+ではその選択肢が無限大だとも語っています。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)