MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

Netflixマーベルドラマのすべてが完全にディズニーに戻る。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20220212203803j:plain

Netflixマーベルドラマ、デアデビル、ジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジ、アイアンフィスト、パニッシャー、そして彼らのチームアップイベントディフェンダーズの権利が正式にディズニーに戻ったと報じられています。

 

伝えられているところでは現在、Netflixで配信中のマーベルドラマは2月いっぱいで配信が終了すると報じられており、デアデビルを含む6つのシリーズはプラットフォームを失うことになるようです。

 

スポンサードリンク

 

 

Netflixマーベルドラマは一部のキャラクターはすでに権利が戻っていると言われており、スパイダーマン/NWHではチャーリー・コックスのマット・マードック(デアデビル)が登場しています。

 

しかしNetflixの契約でシーズンキャンセルから2年間はNetflixで独占配信される契約があったようであり、すべてのシリーズがキャンセルした後もNetflixで配信されていました。

権利がディズニーに戻ったことでNetflixは3月よりこれらのシリーズの配信を失いますがディズニーはNetflixマーベルドラマの今後のプラットフォームについては明らかにしていません。

 

普通に考えればDisney+に移行することがベストであり、オンライン上ではDisney+に戻れば完全にMCUの正史として加われると考えておりDisney+で配信される事を望んでいるようです。

 

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)