MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

タイカ・ワイティティは”ブラック・ウィドウ”のソロ映画の監督を熱望する。

f:id:manchester-98-99-rs:20180305232410j:plain

マイティ・ソーシリーズ最新作”ソー/バトルロイヤル”で監督を努めたタイカ・ワイティティはマーベルとの仕事を続けたいと思っているかもしれません。

 

”ソーバトルロイヤル”はタイカ・ワイティティによってユーモアのエッセンスが加わりMCU映画に新たなスパイスをつけてくれました。

 

シリーズの第4弾の可能性についt主演を努めたクリス・へムズワースはワイティティと話しているようである。

 

へムズワースは再びワイティティと一緒に働くことを楽しんでいると言っていますがへムズワースはソーの役割を再現することに同意する前に、ソー4の潜在的な可能性について脚本を締結しなければなりません。

 

 クリス・へムズワースは最新のインタビューで

私たちは(ソーシリーズ)最後のものを大きく改革しました。

(ソー4について)素晴らしい脚本があれば、会話ができるかもしれない。

と明かしている。

 

へムズワースとワイティティの熱意が今後、マーベル・スタジオと仕事を続ける可能性はあるかもしれませんが、実際にワイティティは最新の情報で企画が動き出していると言われている”ブラック・ウィドウ”単独映画の監督をすることを望んでると表明しています。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)