MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

マーベル・スタジオはタイカ・ワイティティと会った模様だが、どのプロジェクトかは不明。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20180827202117j:plain

ジェームズ・ガンの一連の騒動によりディズニーとマーベル・スタジオはガンを映画から切り離しました。

 

この騒動は大きく進展し、最終的に”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/Vol.3"は現在、無期限保留状態となっています。

 

2020年に公開を控えていた同作品の代わりを早急に見つける可能性がありますが、マーベル・スタジオは最近、”ソー/バトルロイヤル”の監督を努めたタイカ・ワイティティと会った模様です。

 

しかし、そのミーティングの内容については不明でありマーベル・スタジオとワイティティがMCUのどのプロジェクトについて話し合われたかは分かっていません。

 

”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/Vol.3"が再び始動するのための話し合いの可能性も捨てきれず、タイカ・ワイティティはガンの意思を引き継ぐ監督として最も適任とも言われています。

 

別の可能性を探れば、マーベル・スタジオはフェイズ4から新たに加わるフランチャイズとして”エターナルズ”を設定していますが、そのプロジェクトを早める可能性もあるかもしれません。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)