MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

マーベル・スタジオとソニーの間では将来的なスパイダーマン計画を練っている模様。

スポンサードリンク

f:id:manchester-98-99-rs:20210225205918j:plain

トム・ホランド主演のスパイダーマン第3弾は正式に”スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム”として正式に発表されました。

 

マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズの歴史的提携によりスパイダーマンがMCUに導入され、”シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ”でMCUデビューを果たしました。

 

スパイダーマンはアベンジャーズ/エンド・ゲームの後、フェイズ3を締めくくる重要な作品として”スパイダーマン/ファ・フローム・ホーム”をリリースし、MCUの今後にとって必要なキャラクターとなりました。

 

 

その後、ディズニーとソニーの間で契約に関する意見の相違が発生し、ソニーは一時期スパイダーマンの権利をマーベル・スタジオから戻す動きを見せていましたが、最終的にディズニーとソニーが和解したことでスパイダーマンはまだMCUの世界にいます。

 

現在ではソニーとディズニー&マーベル・スタジオとの関係は良好のようであり、スパイダーマンの将来について計画を練っている模様であると報じられています。

 

トム・ホランド

私が理解しているのは2つのスタジオ間ですでに合意が成立しているということです。

2つのスタジオで上手く行かなかった時期がありましたが、もう将来的にそのような問題になることはないと思います。

そうは言っても私は俳優です、その過程で数回の電話に参加しましたが、彼らはお互いに仕事をするのが大好きだと思います。

彼らはそれが両方にスタジオにとって有益である方法を見つけたと思います。

と答えており、マーベルとソニーの間ではスパイダーマンについて更に飛躍させる計画があることを示唆しているます。

 

スパイダーマンは現在、第3弾映画”スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム”が製作中ですが、マーベル・スタジオとソニーはさらにMCU映画1本に登場させ計画があるようです。

 

しかしここで1つの問題としてトム・ホランドの契約が スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホームで切れる事です。

ただComic Book@Marvelはトム・ホランドはスパイダーマンの世界がさらに広がるのであればその役割を演じ続けることに意欲を見せるだろうと伝えています。

 

トム・ホランド

スパイダーマン3は契約中の私の最後の1つになるので、彼らが私を取り戻したいのなら、私はハートビートでそこにいるだろうと彼らに伝えました。

このコメントからトム・ホランド自身もスパイダーマンを演じ続ける事について喜びを感じていることが伝わります。

 

この関係性が続けばMCUのスパイダーマンはもう数年間は安泰かもしれません。

 

ソース:Comic Book@Marvel(海外サイト)