MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

”アベンジャーズエンド・ゲーム”の作家はスーパーマン映画を作りたいと明かす。

f:id:manchester-98-99-rs:20190729210028j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバースの最初の10年の集大成映画となった”アベンジャーズ・エンド・ゲーム”は多くのファンを満足させた素晴らしい物語の締めくくりを遂げました。

 

”アベンジャーズ・エンド・ゲーム”の作家であるスティーブン・マクフェリーとクリストファー・マルクスはこれからもマーベル・スタジオと仕事を続けると思われますが、彼らには別の選択肢もあるようです。

 

2人の作家は”もしDCヒーロー”を描くとしたら、誰がいいですか?との質問に対し、スーパーマン映画を上げ、ザック・スナイダー監督とデイヴィット・S・ゴイヤーによって描かれたスーパーマン映画とはまた別のアプローチがあることを明かしています。

 

スティーブン・マクフェリー

彼(スーパーマン)を汚す必要はないし、彼の真剣さを取り除く必要もない。

 

これは2013年の”マン・オブ・スティール”について語ったものだと思われ、映画ではスーパーマンがゾッド将軍を殺すという困難な選択を強いられたことによってキャラクターを近代化しようとしたアプローチとは真逆の考えを示しています。

 

2人はDCにおけるスーパーマンはマーベルにおけるキャプテン・アメリカであるとの考えがあるようであり、アプローチもそれに近いものになることを示しています。

 

ワーナー・ブラザースは現時点では”マン・オブ・スティール2”について何も動いていませんが、彼らが本気でやるつもりであれば新たなスーパーマンが誕生するかもしれません。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)