MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

スーパーマンがDCFUの焦点に復帰との報道、それによりスーパーガール映画計画は保留。

f:id:manchester-98-99-rs:20200507193517j:plain

DCフィルム・ユニバースのスタートとなった”マン・オブ・スティール”はスーパーマンを描いた映画でした。

 

DCFUはスーパーマンとバットマンを中心に大きなユニバースを展開しようとしましたが、思うように進まずに”ジャスティス・リーグ”の不振が決定打となりユニバースは大きく軌道修正を余儀なくされました。

 

スポンサードリンク

 

しかし多くのDCファンはヘンリー・カヴィルのスーパーマン映画の続きを見たいと感じています。

ただワーナー・ブラザースはスーパーマン映画に見切りを付け、スーパーガール映画を新たに制作しようとの計画のウワサが浮上していました。

 

しかしワーナー・ブラザースはDCFUの焦点を再びスーパーマンに戻そうとしているようであり、その結果スーパーガール映画のプランが保留状態に入ったと報じています。

 

Heroic Hollywoodによるとワーナー・ブラザースは”スーパーガール”映画の開発を保留にした模様であり、その理由について”ジャスティス・リーグ”でのスーパーマンの出演をスーパーガール映画でフォローすることに意味がないとした為、ワーナー・ブラザースはスーパーマンを劇場に戻すことに焦点を戻したと報じています。

 

ただ、これはヘンリー・カヴィルがスーパーマンとして戻ってくる事を指している訳ではないとも指摘しており、リキャストで新たに描く可能性も含まれているようです。

 

多くのファンはヘンリー・カヴィルのスーパーマンが再びスクリーンに戻るようにキャンペーンを行っていますが、ワーナー・ブラザースは最終的にどのような決断を下すかは興味深いです。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)