MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

sponsored link

ローヴェン、”ワンダーウーマン”にポストクレジットシーンなしの理由を語る。

f:id:manchester-98-99-rs:20170522215557j:plain

マーベル・シネマティック・ユニバースではおなじみのポストクレジットシーン。

ポストクレジットシーンでは物語の重要な意味を示す有効なアイテムとして近年ではMCUだけでなく多くの映画でも使われる手法ですが、DCエクスティンディッド・ユニバースではこれまで”スーサイド・スクワッド”のみとポストクレジットを使用しない傾向になる。

 

”バットマンvスーパマン/ジャスティスの誕生”でメガホンを取ったザック・スナイダーは同作にポストクレジットシーンを入れなかった理由について。

マーベルがやっているから。

とその理由を明かしている。

 

”スーサイド・スクワッド”のデイヴィッド・エアーは同作にポストクレジットシーンを取り入れました。(ブルース・ウェインとウィーラーがレストランで話し合いジャスティス・リーグの計画を明かす)取り入れた理由についてエアーは

(マーベルのことは)気にしなかった。

と答えている。

 

今回”ワンダーウーマン”にもポストクレジットシーンを入れていない模様であるがその理由についてプロデューサーのチャールズ・ローヴェンは

私はそれ(ポストクレジットシーン)をするつもりはないとは言わない。スーサイド・スクワッドでは1つあったからね。

しかし、それ(ポストクレジットシーン)を必ずやらなければいけないとも思っていない。

と語った。

 

ソース:Cinema Blend(海外サイト)