MARVEL vs DC

MARVEL & DCのアメコミヒーロー情報を映画を中心にコソコソ紹介していきたいと思ってます。

スポンサードリンク

”ワンダーウーマン1984”でのチーターは主要なコミックのストーリーラインで描く。

f:id:manchester-98-99-rs:20180614210207j:plain

DCフィルム・ユニバース作品となるワンダーウーマンの続編、”ワンダーウーマン1984”は正式にクランクインされ、様々な情報が飛び込んできています。

 

クリス・パインのスティーブ・トレバーの帰還なども明かされファンは喜びの渦に飲まれていますが、”ワンダーウーマン1984”のヴィランの一人、クリスティン・ウィッグ演じるチーターのストーリーラインは主要コミックのストーリーに合わせて描かれる模様です。

 

ヴァルト・レポーターのカイル・ブキャナンはクリスティン・ウィッグのチーターは映画の中でワンダーウーマンと戦いが、2人は最初は敵として始まらないと明かしています。

 

カイル・ブキャナン

今日はワンダーウーマンのスクープのための良い日だから、クリスティン・ウィッグがダイアナの(最終的に)友達ではなく、彼女の敵であることを続けて聞いてきた。

 とツイッターで明かし、チーターはワンダーウーマンをエミュートし、彼女を奪うことを目指しているとも明かしています。

 

監督を務めるパティ・ジェンキンスはチーターの映画のアプローチについて現代コミックスの特にグレッグ・ルッカとリアム・シャープのストーリーラインで最も登場したチーターのバージョンで描こうと考えているようです。

 

このバージョンではバーバラ・ミネルバはダイアナ・プリンスと親友として知られていた考古学者でしたが、呪われてチーターへと変身しています。

 

ソース:Comic Book@DC(海外サイト)